太陽と月のスクエア☆アンバランスゆえの強さ・美しさを見つけよう

 

ホロスコープにおける太陽と月のスクエアは、一般的に困難が多い角度だと言われています。

太陽と月がスクエアの場合、どちらか一方が風もしくは火のエレメントの男性星座、もう一方が水もしくは土のエレメントの女性星座になります。

太陽・月ともに、あなたの性格の中枢を形作る重要な天体のため、その2つが緊張の角度をとると様々なアンバランスさを生み出します。

今日は、太陽と月のスクエアに関するいくつかの注意点を見ていきましょう。

 

☆太陽と月に関して、詳しくは天体のページをご覧ください。

太陽の解釈
月の解釈

 

 

1:頭で理解している事と感情の間に、温度差・隔たりが生じます。

太陽はあなたの自我や理性、月はあなたの情緒を司ります。

そのため、太陽と月が根本的に異なる性質をもつ星座同士となるスクエアは、
あなたの理性と感情の間に隔たりを生み出します。

たとえば太陽が男性星座で月星座が女性星座の場合、
人前では冷静に振る舞う一方で感情が豊かなため、家に帰ってから1人で泣いたりすることが多くなります。

逆に、月星座が男性星座の場合、心の内面が常にどこか冷静になるため、
自分は冷たい人間なのではないかと悩むことがあります。

 

2:社会における自己イメージと、1人でいる時のあなたの間に大きなギャップが生じます。

占いにおける太陽は外の世界でのあなたの存在感
月は1人でいるときのあなたの姿・誰も知らない心の内面を表します。

それゆえ、太陽と月がスクエアの場合、外と中であなたの自己イメージに大きなギャップが生じることがあります。
2つの性質を併せ持つ運命となる星の角度ですから、
本人ですらどちらが本当の自分かわからなくなってしまうこともあります。

本当に心を許しているお友達や恋人などといるときには月の性質が強く表れます。
もしあなたの大切な人がこの角度を持っている場合、そのことを理解して
支えてあげるとよいでしょう。

 

3:決断を下すのが苦手になります。

太陽と月がスクエアを形成すると、あなたが意識的に欲するものと無意識に欲するものが食い違うため、
何かを決断すること難しく感じたり、
(とくに若いうちは)誤った決断をしやすくなります。

例えば、
お出かけしたい気持ちはあるけど、家にいたい。
恋人と別れたくはないけど、一人でいたほうが落ち着く。

といった風に、太陽と月のスクエアがあなたの意思決定に影響を与え、
一種の錯乱状態に陥る場合があります。

*スクエアを形作っている星座がもともと柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)の場合、これらの傾向がとくに顕著に表れます。

 

 

このように、月と太陽のスクエアによって心に生まれた葛藤やアンバランスさは、
ときに自分でも理由のわからない苦しみをあなたに与えることもあるでしょう。

太陽と月にスクエアを持つあなたは、幼少期や思春期に

たくさんの悲しみや迷いを経験したかもしれません。

 

しかしスクエアは、困難が多い分
あなたの魂を成長させる角度でもあります。

人はある年齢を過ぎると、経験した悲しみや困難が
その人だけの美しさとなって顔に現れるといいます。
年を重ねるうち、あなたの心はいずれ固く揺るがないダイヤモンドのように磨かれてゆくでしょう。

星占いを道標に、輝く星たちから与えられたあなただけの美しさをみつけてゆきましょう。

 

☆あなたの星座の特徴はこちら♪