ヴァーベナ

♡・・・クマツヅラ科

♡属性・・・クマツヅラ属

 

 

♡ヴァーベナの歴史・言い伝え

癒しの力で現代でも人気の高いハーブであるヴァーベナは、古来より治療に使われてきた歴史が古く

古代エジプトの豊穣の女神イシスの涙から生えてきたのがはじまりと言われています。

 

イシスは、古代エジプトの人々の間で癒しの力をもつ女神として知られ

彼女とつながりの深いヴァーベナも同じように、癒しの力をもつハーブと考えられるようになりました。

 

とくに、おおいぬ座のシリウスが天頂に輝く夜に収穫されたヴァーベナは、

とりわけヒーリングの力が強いといわれています。

 

ヴァーベナの英語表記vervainは、一説では古代ケルトの言葉でferfaen(石を取り除く)が語源と言われており

その昔、結石をとりのぞくために使われていたことからきています。

 

キリスト教においては、「十字架のハーブ」とも呼ばれるヴァーベナは

はりつけにされたイエスの血をとめるのに使われた、聖なるハーブの1つ。

ヴァーベナの癒しパワーの言い伝えは、このことからもきているようです。

 

このように、キリスト教においても聖なるハーブであるヴァーベナは、

devils bane(悪魔の天敵)という別名をもち、
悪魔やヴァンパイアから守ってくれると信じられました。

 

その一方で、治癒力が強いため、

古代の魔女たちが好んで使うハーブとしても知られていました。

 

古代ギリシャ、ローマの時代にも使われていたヴァーベナは、

イシスと同じく豊穣の女神であるジュノー、またヴィーナスのハーブでもあり

女性の魅力をたかめ、味方してくれるハーブでもあります。

 

ただし、月経を促したり、早期陣痛を促進すると信じられたため、

古くから妊娠中はさけるべきとされているハーブの1つでもあります。

 

 

♡ヴァーベナのスピリチュアルな意味 

 

愛と美の星・金星と親和性が高く、女神のハーブであるヴァーベナは、

女性的なエネルギーを秘めたハーブです。

 

持つ人に豊穣と美をもたらし、

生産性、美しいものを生み出す力を授けてくれるヴァーベナは、

あなたの内に秘めた、美的センスやクリエイティブな力を高めてくれます。

 

♡ヴァーベナの効果・効能

・ストレスの緩和。
・生理痛、頭痛などの緩和。
・利尿作用

※妊娠中は避ける

 

ハーブ一覧へ戻る