ラベンダー

 

分類・・・シソ科
属性・・・ラバンドュラ属

 

 

♡ラベンダーの歴史

ラベンダーは、春〜夏にかけて花を咲かせる低木植物。

そのかわいらしい紫色の花と安眠作用のある穏やかな香りは、世紀を超え人々に愛されてきました。

このハーブは元々とても古い歴史をもち、{Lavare:洗う}という意味のラテン語が語源と言われています。

大の風呂好きで知られる古代ローマ人は、当時ラベンダーをお風呂にいれてその豊かな芳香を楽しんでいたそうです。

さらに一説では、新訳聖書においてマグダラのマリアがイエスの足に塗ったのはラベンダーのオイルなのではないかとも考えられています。

 


中世になってからもラベンダーは庶民の間で広く親しまれ、殺菌や虫除けのためベッドリネンにラベンダーの香りをつけるのが流行しました。

当時最高級のラベンダーを生産していたといわれる英国では、女王陛下がラベンダーの香りをたいそう気に入り、

いつもお城にラベンダーの花を運ばせていたと言われています。

 

現在は、温暖な気候のプロヴァンス地方が世界で最も生産量が多く、南仏の素朴な景色に広がる美しいラベンダー畑は有名な観光地にもなっています。

現代のアロマテラピーにおいても非常に重宝され、不眠やストレスといった精神の悩み、虫除けやニキビ肌などの殺菌に使用されています。

数ある精油の中でもとりわけ肌に優しいエッセンシャルオイルで、精油をニキビなどの患部に直接塗ることもできます。

 

 

♡ラベンダーのスピリチュアルな意味

ラベンダーは、風呂や洗濯に使用されてきた歴史からもわかるように
非常にすぐれた浄化のパワーをもっています。

そのため、悪いことが続くと感じたときや、あなたをとりまく不浄なエネルギーを取り払いたいと思った時におすすめのハーブです。

浄化したいものを洗い流すイメージでラベンダーの芳香浴をしたり、
ポプリを枕元に置いたりすると効果的でしょう。

ラベンダーは古くから心の病に働きかけると考えられており、不快な精神の症状を落ち着かせ不浄なエネルギーからあなたの身を守ってくれます。

 

♡ラベンダーの効能

・安眠効果、不眠症の改善。
・イライラや不安をしずめ心を穏やかにする。
・殺菌、消毒。
・お肌と心の浄化
・虫除け。

 

♡ラベンダーのおすすめアイテム

 

ハーブ一覧へ戻る