月は、私たちの棲む地球の周りをまわる唯一の衛星であり、広い宇宙の中でも地球と1番距離の近い星です。

占星術において月は、感情を意味し、
月星座によって、あなたの生まれ持った情緒の傾向を見ることができます。

占いでは、太陽星座の性質によって意識、意志を形成するのに対し
月星座はあなたの無意識、無自覚の深層心理に知らぬ間に影響を与えていると言われています。

月は他にも、このような事柄を暗示します。

・過去や記憶(とくに幼少期)
・あなたの棲む家(物理的な家、精神的な安らぎの場所の両方の意味をもつ。)
・あなたの母親との関係
・(あなたが母親の場合)母親としてのあり方、あなたの持つ母性の性質。
・根源的な女性への憧憬、深層心理で追い求める女性像。
・あなたが無意識に受けるストレス、心の病。

また、月はLunacy (狂気)の語源にもなっているように心理的錯乱を表すこともあり、
あなたの月星座がストレスなどにより傷つくと、心理的バランスを欠いた様々な特異症状として現れることがあります。

 

 

☆錬金術と月

太陽の動的なエネルギーに対し、月は静的なエネルギーをもち、
太陽が自ら発光するのに対し月は発光せずに太陽の光を反射します。

錬金術では、光と闇・女性性と男性性など、対なるものの結合という考えがとても重視されたため、
多くの図解書では、太陽の絵の横に対となる月が登場します。

月の支配する金属はです。銀には、月の光と同じように、浄化の力があると考えられています。

当時の錬金術では、硝酸で銀を腐食させたルナ・コースティックや、角銀を溶解したのち冷やし固めたルナ・コルネアなどが生成されていました。

錬金術に起源をもつとされる硝酸はアクアフォルティスと呼ばれ、銀との化学反応による腐食作用は今もシルバーアクセサリなどに用いられています。

蟹座

←太陽へ →水星へ

☆惑星一覧へ戻る