土星

 

 

土星は、ぼんやりと浮かぶ巨大な輪が特徴の太陽系で2番目に大きな惑星。
古くからその謎に満ちた圧倒的な存在感で、地球に住む私たちに憧れと畏怖を抱かせてきました。

最近では、生命の存在可能性が示唆される巨大衛星タイタンを持つことでも注目されています。

 

占星術において土星は、試練や年長者を表し、ホロスコープではあなたに与えられた試練などを見るために用いられます。

土星は、拡大や自由をもたらす木星と対照的に制限や試練を与える星とされ、忌み嫌われることも多いですが、私たちに避けては通れない問題と向き合わせてくれる父親的存在でもあるのです。

 

土星はほかにもこのようなことを暗示します

・父親もしくは、教師や上司などあなたにとっての権威者との関係。
・あなたにかせられた制限。
・あなたの責任感の傾向。仕事や婚姻関係などにおける責任。
・ひとつのことに対する集中力や忍耐力。
・社会的地位や名声。

 

また土星は、あなたに問題と真剣に向き合うよう促し、自由で不確かな恋愛関係から結婚へと意識を向かわせる星であるという見方もあります。

 

 

 

☆錬金術と土星

土星の錬金術における支配金属はです。
世界で最も古い歴史を持つ金属の1つで、錬金術における原始マテリア*の1つとも考えられていました。

鉛の重厚さと遮断性は土星の持つ父性的性質を連想させ、鉛が時とともにゆっくりと錆びてゆくさまは、砂時計を片手に時を司る土星の神を連想させます。

鉛は他の金属とくらべ価値の低い金属とされていましたが、錬金術師たちはその汎用性の高さに注目し、塩化鉛一酸化鉛、色とりどりのクロムなどさまざまな合成物を生成していました。当時は鉛の毒性に関する警告が今ほど行き渡っておらず、危険性の高い実験が行われていたことが伺えます。

 

*materia prima/人類にとって出生や起源が不明で、神が作ったと考えられるものの総称。または、全ての始まりとなる原始状態のこと(カオス)。

山羊座

 

←木星へ
→天王星へ

 

惑星一覧へ戻る